日本製紙総合開発株式会社

English

航空緑化

航空緑化工事

スタビラ航空緑化工法は、豪雨災害による崩壊地、噴火、地震、山林火災などで発生した荒廃地を、ヘリコプターを使用して緑化する工法です。作業員や機械が地上から入り難い山岳地帯の荒廃地を、短期間にローコストで緑化します。自然植生への回帰を最終目標として、全国で施工実績があります。

工事名

大平外治山工事

竣工年月

2019年2月

所在地

鹿児島県鹿屋市

発注者

大隅森林管理署

説明文

豪雨の影響により崩壊した山腹斜面に、ヘリコプターを使用して植生基材を散布しているところです。

工事名

桜島地区治山工事(航空実播工)

所在地

鹿児島県鹿児島市

発注者

鹿児島森林管理署

説明文

火山活動の影響により荒廃した山腹斜面に施工しました。現在も火山活動は継続していますが、散布した種子が発芽生育することで斜面が安定した後は、ゆっくりと時間をかけながら、自然植生に移り変わっています。

定点観察

写真上段:15年後(2018年8月)、下段左:施工前、下段右:6ヶ月後