グラウンド整備その⑤ ◇ 春の昼 はしゃぐ少年 ボール蹴り ◇

 

北運動場で使用されている少年練習用ゴールの防球フェンスネットは、

 

幅2m、縦1.5m、網目は3.5cm幅(正方形)で緑色のネットで組み込まれています。

 

ネットは「有結節」角目(正方形)で、

 

糸の交差部分に結び目があり、結束強度が強いので、

 

解けにくく強い蹴りのボールにも対応できます。

 

 

フェンスは鉄製でかなり重く、

 

グラウンドに運び入れる際、下部分のロープの結び目が強く引っ張られる為

 

緩みやすく、切れてしまいます。

 

 

フェンスネットは定期的に点検を行い、

 

解けた部分等を同じ色のロープできっちりと縛り補修を行います。

 

2月半ばを過ぎると、日差しは柔らかく春らしい陽気に変わりつつあります。

 

グラウンドでは2つのフェンスネットを「く」の字に組み合わせ、

 

子供達のゴールとして転がってきたボールを受け止めます。

 

 

 

2020年02月20日